TOP > 勉強会のご案内
仏教の生きる意味を深く、早く学ぶ最高の環境を

  本当の仏教を分かりやすく学べる最高の講座を
  日本全国、知ることができるシステムを公開!

   メルマガではえられらない
   本物の学びをえたいあなたへ


こんにちは。中村僚です。

あなたはメルマガを読まれて、
「結局本当の生きる意味の答えって何?」
「一体どうしたら分かるの?」
と思ったことはありませんか?

もしそう思ったことがあれば、
まことにすばらしく、
本当の生きる目的達成に近い方だと思います。

本当の生きる意味はどこに?


一体本当の生きる意味の答えはどこにあるのでしょうか?
お釈迦さまが

人身受け難し、今すでに受く。(お釈迦さま)

と教えられているように、人生には、
「生まれ難い人間に生まれることができてよかった」
と大満足できる本当の生きる意味が確かに存在します。

それはどこに明らかにされているかというと、
2600年前に説かれた仏教に
説かれていますので、

仏法聞き難し、今すでに聞く。(お釈迦さま)

と言われます。これは
聞き難い仏法を、聞かせて頂けてよかった
ということです。

仏教に説かれる本当の生きる目的を果たしたとき、
「生まれがたい人間に生まれてよかった
 それが教えられている聞き難い仏法を
 聞かせて頂けてよかった」

という喜びの身になれるのです。

それをもっとはやく知る方法


ところが、仏教は
一切経七千余巻といわれる沢山のお経に説かれていますし、
それは難しい漢字ばかりの大変深い内容なので、
さすがにメルマガは短すぎて、
それをあますところなく、
分かりやすくお伝えすることは、
できていないと思います。
申し訳ございません。

そこで、もっとはやく本当の生きる意味を知り、
完成するには、もっとはやく話が進み、
もっと分かりやすい講座
に足を運んで
仏教を聞けるといいのですが、
ここに一つ問題があります。

本当の仏教が聞けないのはなぜ?


お釈迦さまが

仏法聞き難し(お釈迦さま)

と言われるように、
本当の仏教を聞くことは、大変難しい
ということです。

その難しさをお釈迦さまは、
「ヒマラヤの山頂より糸をたらして、
 ふもとにある針の穴に通すことよりも難しい」

とたとえで教えられています。

ヒマラヤ山は、
8800mありますから、
8キロ以上です。

あなたの家から8キロも離れたら、
隣町まで行ってしまうことでしょう。

そんな長い糸を、
どうしたらたらすことができるのか、
たらしたところでちゃんとふもとに届くのか、
色々心配があります。

ましてや手元でさえもなかなか通らない糸を、
8キロ先の隣町にあるような針に、
はたして通せるのでしょうか?

仏教を聞くことは、
それ以上に難しいことだと説かれていますので、
いかに難しいか知らされます。

現代日本の仏教界の現状


実際、現代日本では、確かにお寺はたくさんあるのですが、
教えが説かれている寺はごくわずかで、
行われているのはなぜか(お釈迦さまの教えられなかった)
葬式や法事がメインとなっています。

ごくまれに仏教の話があるかと思うと、
なぜか天気や気候、最近のできごとなど、
世間話ばかりです。

大学で教えているような僧侶の話は、
色々な説を教えてくれるのですが、
客観的で他人ごとのような、私たちの人生とは遠く離れた
学問的な難しいものが多くなっています。

色々な説の中でも、自分の味わいなども
教えてくれますが、
個人の味わいでは、仏教に説かれた
本当の生きる意味は分かりません。

そして、意味の分からない仏教から、
人々は離れて行くばかりです。

今の日本に本物は存在しないの?


ところが、そんな現代日本にも、
本当の仏教を、自分の人生でいえばどういうことなのか、
分かりやすく学べる講座が
ごくわずかに存在しています。

砂漠に輝くダイヤモンドのような、
そんな講座に参加して初めて
本当の仏教が聞けるのです。
「人間に生まれたのはこれ一つだった」と大満足できる
本当の生きる目的は、本当の仏教を聞いて
知ることができ、達成することができるのです。

この講座が、よくある従来の法話などと
特にどこが違うのかというと、
仏教の言葉を出して、
それが自分の人生でいえばどういうことなのか、
分かりやすく解説されているところです。

実際参加された方は、このように言われています。

参加された方の声

勉強会をご紹介いただき有難うございました。
昨日、早速その勉強会に参加させていただきました。
歎異抄講座とてもよかったです。
充実した時間を持つことがてきました。

人生の目的として世間で言われていることと、仏教で説かれている 人生の目的の違いが改めてハッキリわかりました。 (M.Kさん)

先生の背が高いのにびっくりしました。 人生の目的が万人共通唯一であるとハッキリ教えて頂いて スッキリできました。先生の迫力あるお言葉にもっと勉強 してみようと心がつかまれました。 (K.Sさん)

勉強会のご紹介いただきありがとうございました。
本日の先生のご説明は非常に分かりやすく、声の張り、話の面白さと、講師としてのスキルも超一流だと感じました。新しい気付きが多い濃厚な時間を過ごさせていただきました。非常に感謝しております。
ありがとうございました。

生きる意味・目的の説明がとても分かり易く、考える手立てを得たように思います。 (M.Sさん)

本当に大切なことは何なのか見なおす機会となりました。 (M.Hさん)

これらの方々は、あなたと同じ、
このメルマガ以外には、おそらく仏教の教えを
学んだことのない、まったく普通のみなさんです。

つまり、この講座では、仏教の基礎知識は
まったく必要としないのに、
本当の生きる意味がすごくよく分かるのです。

こんなに喜ばれる理由は?


それはどうしてかというと
世間話や自分の味わいではなく、
仏教の言葉を出して、
分かりやすく解説してもらえるところに
ポイントがあります。

そしてそれは他人ごとではなく、
自分の人生ではどういうことなのか、

という観点で教えてもらえます。

さらにいい点として、
講座の場合は、もし分からないことがあっても、
講師に直接質問できますから、
その日中に疑問もすっきり解消できます。

こうしてあなたは、本当の生きる目的を知り、
達成するところにぐっと近づける

ということです。

そして、メルマガと違って、
人生について語り合える友人
できるかもしれません。

ですから参加された方々からは、
こんなメッセージもあります。

参加された方からのメッセージ


一人でする勉強よりは大へん力になると思います。 (K.Sさん)

ライブ講座オススメです!! (E.Hさん)

始めての人でもとても分かりやすいので、興味がある方はぜひとも いらしてください。(J.Oさん)

何かのヒントが欲しい方は是非ご参加下さい。(Y.Hさん)

毎日の生活に何となく悩んでいる人や、自分の人生について 何か満足できないでいる人は是非参加することをおすすめします。 (M.Sさん)

仏教は奥が深い教えで、同じ内容でも新たに知らされることがあります。 続けて聴かれるとよいと思います。 (M.Kさん)

とにかく一度お聞きになることをお勧めします。 (M.Aさん)

人生について真剣に考える事は早ければ早いほどいいです (H.Sさん)

メルマガより、詳しい話を聞くことができるので、 チャンスがあれば、一度参加されたら良いと思います。 (A.Mさん)

迷っているなら行った方が良いですよ。 (T.Mさん)

これらはほんのごく一部です。
ぜひあなたにも、一日もはやく仏教に教えられた
本当の生きる意味を
知って頂きたいと思います。

ちなみに参加費は、仏教の勉強会ですので、
これからご案内する講座は(多分ほとんど)
決まった参加費はありません。
聞かれたお気持ちを受付などにある箱にお納め下さい。

日程としては、大体、1時間半から2時間の講座を、
午前か、午後、或いは夜の時間帯で開いています。

場所は、北海道から沖縄まで、
例えば東京なら戸塚地域センターなど、
生涯学習センターや市民会館のような
一般の会場ですので、気軽にお越し頂けます。

おすすめの講座を、おそらく日本全国
どこでも紹介できます。
たまたま最近開かれていない所もあるかもしれませんが、
人口カバー率100%を目指しています!

そしてあなたのお近くの講座とその日程は、
以下から申し込まれますと、
事務局が探してくれます。

ただ、これはサービスよすぎかもしれないので、
希望が多すぎて対応できなくなり次第、
このサービスを終了いたします。

(一度講座に参加してみて、もし続けて参加したい場合は、
 その講座で直接次回日程を聞いておいてください)

現在、講座案内の受付を終了いたしました。

ご希望の方は、まず以下のメール講座をお読みください。
無料です。

生きる意味に最短最速で近づく21ステップ

名字:

アドレス:

お釈迦さまは、

人身受け難し、今すでに受く。
 仏法聞き難し、今すでに聞く。
 この身今生に向って度せずんば、
 さらにいずれの生に向ってか、この身を度せん。
         (お釈迦さま)

と教えられています。

「人間に生まれてよかった、仏法を聞けてよかった。
 生まれ難い人間に生まれた今、仏法を聞き、
 人生の目的を知り、達成しなければ、
 いつ達成するというのか。
 永遠のチャンスは今しかない」

一度きりの人生、決して後悔のないよう、
ぜひ今生に、人生の目的を達成して、
人間に生まれてよかったという
喜びの身になって頂きたいと思います。